お菓子の歳時記

人生の歳時記

帯祝

妊娠5か月の戌(いぬ)の日に出産の無事を願って腹帯(岩田帯)をする行事です。
お知らせを兼ねて「帯祝餅」(小豆入りの紅白餅)をお配りするのが習わしです。
「帯掛け内祝」では子宝を授かった方のお名前を書き添えます。

出産祝

妊娠5か月の戌(いぬ)の「出産内祝」として赤ちゃんのお名前にふりがなを付けて報告します。
「お七夜」(女子は6日目・男子は7日目)までに命名してお赤飯紅白饅頭などでお返しします。
「お宮参り」(女子は33日目・男子は32日目)は氏神様にお礼をします。
「お食い初め」(生後100日頃)はお箸揃えとも言われお赤飯やお頭つきの鯛を用意します。

誕生祝

満1歳の誕生日を「初誕生」とよび、無事に1年を迎える事が出来た喜びと神仏に感謝する行事です。
当地では足型の紅白餅(誕生餅)を風呂敷に包み、お子様に背負わせる習わしがあります。
一生食べるものに困らないようにと祈願する大切な行事です。

誕生餅

初節句

産まれて初めて迎える「節句」(季節・人生の節目)のことで、
今後の成長と厄除けを願う行事です。
女子は3月3日の「桃の節句」に雛ケーキや桜餅など、
「押し物」は当地ならではです。 男子は5月5日の「端午の節句」にちまき、柏餅や兜ケーキなど、
特にくちなし色の黒豆のおこわ「黄飯」(きいはん)は欠かすことできません。

七五三

11月15日までに、数え年で男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳、それぞれの成長の節目にお祝いする行事です。お赤飯紅白饅頭紅白餅、千歳飴に名前を書き添えてお祝いします。

梅赤飯五ッ引

入園・入学・就職祝

保育園・幼稚園から高校・大学、そして就職と…
それぞれの節目に、お赤飯紅白饅頭紅白餅に名前を書き添えて。

成人式

1月の第2月曜日は「成人の日」です。
お返しにはお赤飯や焼菓子を「成人内祝」としてご自身の名前を書く習わしです。

結婚

結納では干菓子や桜湯または昆布茶を用意します。
伝統を尊ぶ儀式には和菓子が最適です。

特五ッ引

厄除け祝

数え年で男性は25歳・42歳・61歳、女性は19歳・33歳・61歳が厄年と言われています。
厄除け紅白饅頭紅白餅お赤飯を知人へ振る舞い厄除け祈願をする習わしです。

長寿の祝

長寿のお祝いは「賀寿」とも言われ、子・孫(ひ孫)が
知人や親戚を招いて数え年で行います。
金箔上用五ッ引紅白饅頭をお配りします。
61歳(満60歳)の還暦(かんれき)、
71歳(満69歳)の古希(こき)や77歳(満76歳)の喜寿(きじゅ)などがあります。

菊二ッ引

新築祝い

人生の大きな仕事を成し遂げたご家族にお祝いします。
建設途中には「上棟式・棟上げ式」として建設の安全と建物の賢固長久を祈願する習わしもあります。

病気お見舞い

病気に応じた品が思いやりです。 お見舞いのお礼に「快気祝・全快祝」として用意します。

白上用饅頭

御淋見舞(さびしみまい)

(さびしみまい)当地では、上用饅頭、日持ちのするお菓子を通夜の席にお持ちします。

葬礼

当地では通夜式・告別式の会葬のお礼に、「志」として上用饅頭や焼き菓子を令状と一緒に参列者にお配りします。

法事

故人の親戚や知人が集まり、故人を偲んで法事を行います。「御霊前」、「御仏前」、「お供え」や「開眼供養」などがございます。
※地域により風習・習わしが違う場合がございます。
詳しくは、お近くの店舗にてお気軽にお尋ねください。

季節の歳時記

[1月]睦月

鏡餅・のし餅(元旦):神聖な物とされた古代の「鏡」を模り、一家の平安と厄払いを願います。
お年賀のご挨拶・おもてなし(三が日):花びら餅や松竹梅/鶴亀/干支の和菓子が人気です。
鏡開き(11日):鏡餅で「おしるこ」や「ぜんざい」を頂きます。

鏡餅・のし餅

[2月]如月

節分(立春の前日):邪気を払い、福を招く行事です。
バレンタイン(14日)

石 畳

[3月]弥生

ひな祭り(3日):蓮で作る「くさ餅」は、平安の昔からの伝統です。
ホワイトデー(14日)
春のお彼岸:ご先祖様へ「お彼岸団子」「おはぎ」をお供え。

菱形デコレーション

[4月]卯月

お花見:お花見に欠かせないのが「花見だんご」「桜餅」
入学(上旬):新しい旅立ちに「お赤飯」はいかがですか。

桜つぶ大福

[5月]皐月

端午の節句(5日):「かしわ餅」「ちまき」「黄飯」「おこわ」
母の日(第2日曜日)

ちまき・柏餅

[6月]水無月

和菓子の日(16日):平安時代からお菓子を食べると「健康と祝福を招く」と言われています。
父の日(第3日曜日)

[7月]文月

七夕(7日)
お中元(1日〜20日):真心を込めて「水羊羹」「ゼリー」などいかがですか?羊羹
土用の入り(20日前後):徳川時代から「土用餅」で暑気に備えています。

[8月]葉月

お盆・お里帰り:ご先祖のお供えに「だんご」「おはぎ」など…

あ ゆ

笹麩餅

果実倶楽部

[9月]長月

十五夜(旧暦の8月15日):中国「中秋節」が伝わった行事で「お月見だんご」をお供えします。
敬老の日(第3月曜日)
秋のお彼岸:ご先祖へ「お彼岸団子」「おはぎ」をお供えします。

お萩と団子

[10月]神無月

名古屋まつり(中旬):郷土の名菓は如何ですか?
ハロウィーン(31日)

栗きんとん

[11月]霜月

文化の日(3日)
七五三(15日)

祝重ね

[12月]師走

お歳暮(1日〜20日)
冬至(22日頃)
クリスマス(24日〜25日):和菓子屋さんにも意外な意外なクリスマスが見つかります。
餅つき(26日〜31日)

サンタクロース

  • お菓子のご紹介
  • 亀屋芳広のこだわり
  • お店のご紹介
  • お菓子歳時記